コスパ良しのカルディのロゼワイン「サングロ ロザート テッレ ディ キエーティ」のレビュー

雑記
この記事は約1分で読めます。

さて、本日はカルディに売っているロゼワイン「サングロ ロザート テッレ ディ キエーティ」を飲んでいきます。
カルディワインの中ではかなりコスパが高いと評判ですが、そもそも私はロゼワインをあまり飲んだことがないのでこの機会に舌にインプットしてみたいと思います。

特徴的なラベルなので、店頭ですぐに見つけることができました。
800円くらいだったと思います。
グラスに注ぐとうっすらピンク色。
一口飲んでみると、思っていたより白ワイン寄りなんだな、という印象。
飲み口は少し刺激的で、グレープフルーツなどの柑橘系のカクテルのような風味もあります。
なるほど、ロゼってこんな感じなんだなぁと勉強になります。


一緒にいただくのは、原木しいたけとホタテのバター炒め。

・・が、このワインとの相性はそこまで良くないかなぁというのが正直なところ。
これなら日本酒か芋焼酎のロックだったかなぁ。
もしくは先日飲んだセブンイレブンの高コスパワインか。
うーん、ロゼは合わせる料理を考えないと微妙な感じになるのかも。
これはまたリベンジですね!
とはいえ一晩で500mlくらい飲んでしまうほどの美味しさだったので、カルディでワインを買うならオススメできますよー!