ソニーZV-1を1年間使ってみた感想とレビュー

買ってよかったもの
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、エン(@en_aquaponics)です。

さてタイトルの通りですが、ソニーのZV-1を1年間使ってみた感想を書いていきます。

スポンサーリンク

はじめに

このカメラのことを検索する方はたぶん、

・YouTubeを撮るのにちょっとしっかりしたカメラが欲しい

・でもカメラなんかに30万円~40万円もかけていられない

・かといって2~3万円のコンデジだとスマホ並だし中途半端

・コスパがいいカメラがあれば10万円までなら出せる

といった方が多いと思いますし、私もそうでした。

エン
エン

中途半端な価格中途半端な性能のものを買ってしまうのが一番もったいないですからね・・

ほんとそれ

私の使用用途はYouTubeに使う動画の撮影と当ブログ用の写真の撮影ですが、結論から言うとこれ一台でなめらかな動画もキレイな写真も撮れるです。

エン
エン

画素数がどうのこうの・・

モード切替がどうのこうの・・

そんなんめんどくさいわ!という方にもオススメです。

サっと撮れてめっちゃ綺麗が一番

ちなみに私はシューティンググリップキットを買ったので、シューティンググリップありきの感想と解説になりますがそこはご了承ください。

また、細かいスペック等々を解説しているページは他にいくらでもあるので当ページでは割愛します。

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM シューティンググリップキット ZV-1G

スポンサーリンク

ソニーZV-1のレビュー

動画を撮ってみた

こちらの動画は私が実際にZV-1を使って撮影し、YouTubeに投稿した動画です(※画質設定で1080p60HDに設定してご視聴ください)↓

【高画質60fpsで見る】焼肉サガリの切り方/[View at high image quality 60fps] How to cut yakiniku sagari

機材はシューティンググリップ付きのZV-1のみで、ミニ三脚状態にして固定カメラにして撮影しています。もちろん編集の段階でテロップを入れたりカット編集はしていますが、よくあるリング照明なんかは使わずに自然光のみで撮影しています。

エン
エン

ピントもスッと合うので、適当に固定して録画ボタンを押すだけでなんかいい感じの動画が撮れてます

勝手に背景がボケてくれるってすごいね

私はあまりしませんが、シューティンググリップで自撮りをしながら歩いてもほぼブレないのでVLOGにも最適です。

エン
エン

逆にVLOGしか撮らないのなら、重さの問題でOsmo Pocketを買ったほうが快適だと思います。

【国内正規品】 DJI POCKET 2 Creator コンボ 黒

スポンサーリンク

写真を撮ってみた

室内で何枚か撮影してみました。

うん、全然キレイやん

エン
エン

3枚目のパスタの写真のように自然光だけで撮ればそこそこいい写真が撮れるのがわかると思います

ZV-1にはシーンに合わせた色々な撮影モードが搭載されているのですが、私も面倒なのでいつも「おまかせモード」みたいなのにしていますがそれでも全然いけます。

スポンサーリンク

充電とかパソコンへの取り込みとか

充電もパソコンへのデータの転送も、マイクロUSB端子で行います。私はいつもシューティンググリップをミニ三脚状態にして、こんな感じで接続しています↓

ZV-1本体の側面にあるフタをカチっと開けてブスっと挿すだけなのでストレスも無く快適です。

また、給電しながらの長時間撮影にも対応しているのがこのZV-1の強みでもあります。

エン
エン

カメラによってはケーブルの差し口が変な場所にあってめっちゃストレスですからね・・

こういうところ案外大事

スポンサーリンク

シューティンググリップ

シューティンググリップとZV-1本体はBluetoothで接続します。また、カメラボタン・動画ボタンはシューティンググリップ側で操作してもZV-1側で操作しても同じように反応します。

エン
エン

操作がしやすいシューティンググリップ側でボタン操作することが圧倒的に多いです。

グリップ部分と有線接続する似たようなカメラも他社から出ていましたが、見た目がスッキリしているほうが好きなので私はZV-1にしました。

ワイヤレスだと見た目もスマートでいいね

また、このシューティンググリップはソニーの上位機種である「αシリーズ」とも連携できるようです。

スポンサーリンク

1年間使ってみた感想

と、こんな感じで使いやすくてそこそこ綺麗に撮れるので、今まで1~2万円のコンデジしか使ったことがないという方は世界が変わること間違いなしです。

私も以前使っていたコンデジからランクアップした時はあまりの綺麗さに「マジか!?」と声が出ました。

ただ、言うことなし!ってなると逆に怪しいのであえて難点を言えば、望遠が超弱い点でしょうか。

とはいえこのカメラはそもそもそんなに遠くを撮るように作られていないので全く気になりません。

エン
エン

望遠が弱いので、子供の運動会用のカメラ目的では買わないほうが良いと思います。

現在は、レンズ交換ができる後継機種が発売されているのでどうしても引っ掛かる方はそっちを買うと良いかもしれませんね。

冒頭でも書いたように「コスパがいいカメラがあれば10万円までなら出せる」という方にはめっちゃオススメしてるので、迷っているかたはぜひ買ってみてください。

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM シューティンググリップキット ZV-1G

ソニー レンズ交換式 VLOGCAM ZV-E10L B パワーズームレンズキットブラック Vlog用カメラ Cinematic Vlog シネマティック(ボディ+キットレンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)

ソニー SONY ワイヤレスリモートコマンダー機能付シューティンググリップ GP-VPT2BT