イチボを使って低温でじっくり加熱するタイプのローストビーフを作ります。

買ってよかったもの
この記事は約2分で読めます。

いいイチボ。

タウンページくらいの大きさです。重量は1.3kgくらいだったと思います。

今回は友人宅での食事会のためにちょっといいやつを仕入れました。

作り方はいつものコンベクションオーブンですが、少し温度を抑えた低温バージョンで作っていきます。

チューブのニンニクをぬりぬり・・・

ドスン。

ジュワー!!

焼けました。

塊肉用のトングが欲しいですね。

野菜炒めとかを作るペラペラのでひっくり返しているので大変です。

それにしてもいい断面。

焼けた状態でも、赤身を締めるサシ(霜降り)が見えます↑

うまそう。

オーブンへ投入しようとしたところで異変に気付く。

「あっ、クレイジーソルトするの忘れた・・・」

なので

あとがけパターンにしました。

オーブン加熱したら馴染むやろうし、逆に玄人っぽい。とか一人で言いながら。

今回はメーター読み150℃で30分。

のち、不安だったので結局250℃で5分加熱しました。

私がローストビーフを作る時に使っているのが、このアイリスオーヤマさんのコンベクションオーブン

つまみを250℃にしても、実際にはそこまで温度が上がらないとかいう話を聞いたことがありますが、普通に使うぶんには全然問題ないですよー。

2017年に楽天市場の最安値で5500円くらいでした。

コロッケや唐揚げもできるし、普通にトーストを温めるのにも使えるし、コスパ◎です。

でも、次に買い替える時はデロンギのかっこいいコンベクションオーブンが欲しいです笑

 

完成

うん、いい色。少しレアめですね

150℃なら45分くらい加熱するのがよさそうです。

食事会に持っていくので、ぎゅうぎゅうなのが残念ですがおいしさは伝わるかと^^

そろそろローストビーフも飽きてきたので、次は煮豚でもやろうかと考えています。