【お酒レビュー】セブンプレミアムの芋職人は赤霧島よりもマイルドな甘さで飲みやすい

雑記
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、エン(@en_aquaponics)です。
そこそこ美味しいと評判の、セブンプレミアムの芋焼酎を買ってきました。

スポンサーリンク


芋職人という名前。
他に麦焼酎も売っていました。
お値段は900円くらいだったと思います。


製造元はなんと濱田酒造。
ライチのような独特の風味が特徴の「だいやめ」や、有名な「赤兎馬」を作っている有名酒造さんですね。
セブンのプライベートブランドを担うってすごいです。

今度鹿児島へ旅行に行って酒蔵見学してみよう。

スポンサーリンク

ロックで飲んでみた


まずはロックで。
霧島系のような強い香りは無く、まろやかな飲み口
後味がとてもしっかりしていてコクのある甘さが余韻たっぷりに味わえます。
同系統で言うと赤霧島をマイルドにして後味がしっかりしている感じでしょうか。
ツンツンした甘みが苦手な方にはオススメです。

お湯割りも飲んでみた

1:1のお湯割りも飲んでみましたが、やはり飲み口がとてもやわらかく飲みやすい。
そしてお湯割りにするとすごーく甘みが引き立ってほっこりします。
黒霧島のお湯割りのようなガツンとくる芋焼酎といった感じではなく、まろやかさ・コク・しっかりした余韻が揃っていてとても美味しい

まとめと感想

ということでセブンプレミアムの芋焼酎「芋職人」のレビューでした。
しっかりした味なので、リピートは確定です。
茜霧島のフルーティ感はちょっとクドい、けど甘い芋焼酎は好き。という方にオススメできます。