【iPad】純正じゃないキーボード一体型ケース買ったけど大半の人はこれでいいのでは【3499円】

買ってよかったもの
この記事は約2分で読めます。

オフライン環境でもたくさんブログを書いていくぞ!ということでiPadを導入しました。


それに合わせてキーボード一体型ケースが必要になったので調べていると、Apple純正の値段にビックリ。

こうなりゃ社外品だ!と、Amazonで一番安いキーボード一体型ケースを買って使っているのですが、意外といい。

「これが純正です。2万円です。」と言われたら信じてしまうくらいの出来のよさです。

外観



ipadを装着してみました。ハマりも良いです。

カメラ穴やボタン穴もばっちり見えています。

素材はかたーいゴムって感じでしょうか。ガチっとホールドしてくれています。

キーボード


シリコンのカバーのまま打鍵しても問題はないですが、私はカチカチ音が好きなので基本的にははずして使っています。


半角と全角の切り替えは「Control」を押しながら「スペース」を押せば切り替わります。変換もスペースキーで行います。

普段使っているWindows用のキーボードとはなんだか操作が違いますが、すぐに慣れました。

使ってみる


ipad側でBluetoothをオンにして


キーボード側のコネクトボタンを押してペアリング。


キーボード裏面が磁石になっていてグレーのカバーにピタっとくっつくので、激しく打鍵してもズレたりせず快適です。


横から見た図。画面の角度が自由に変えれるのは◎。
収納する時はパタパタと折りたたんでいきます↓


こんな感じですね。
見た目より重いので好みが別れそうですが、やっすいスマホケースのようなペラペラ感は無いので、重厚なケースでipadを守りたい!って方にはオススメです。

スポンサーリンク

充電まわり

少し不満があるとすれば充電でしょうか。


キーボードの充電はマイクロUSBなので、外へ持ち出す時はipad本体のlightningケーブルとは別に、もう1種類ケーブルを持ち歩かなくてはいけません。

ちょっと面倒、というか忘れそうですよね。


充電中のごちゃごちゃした様子。
純正キーボードだとiPad本体の給電でキーボードも充電されるので、ケーブルが1本で済んでとってもスマートです。

まとめと総評

とはいえ、色もそこそこ選べるので男女問わずオススメできます。
純正品以外のキーボード付きケースを探していて、どれを買ったらいいのかわからん!という方は一度チェックしてみてください。

ipad用のキーボード付きケースをAmazonで検索する